ページの先頭です

環山楼

[2013年8月13日]

八尾市指定文化財 環山楼

環山楼の写真

環山楼は、江戸時代中期に八尾寺内町の豪商であった石田善右衛門利清が設けた私塾です。当時は学芸教育が盛んで、大阪の懐徳堂をはじめとする学塾が数多く開かれていました。
 
「環山楼」の名前は、当地に招かれて講義を行った京都堀川の儒学者伊藤東涯(いとうとうがい)が、高安・二上・金剛の山々の景観に取り囲まれている様子から命名したものです。

市内には、麟角堂(りんかくどう)や簷葡舎(えんほしゃ)などの学塾がありましたが、環山楼は現存する唯一のもので、現在の場所に移築保存して公開しています。

施設詳細

住所        八尾市本町1丁目(八尾小学校正門横)
公開日     毎週水・土曜日(年末年始を除く)・祝日(3~11月)
公開時間   午前10時~午後4時・無料

行き方

環山楼の案内図

近鉄大阪線八尾駅下車、南へ徒歩約10分

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市教育総務部文化財課

電話: 072-924-8555 ファックス: 072-924-5593

文化財課へのお問合せフォーム