ページの先頭です

不法投棄は犯罪です

[2013年3月14日]

不法投棄は犯罪です

不法投棄は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」により禁止されています。
違反者には罰則として5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金またはこの両方が科せられます。

不法投棄対策

環境事業課では市内パトロールを行うとともに、不法投棄禁止看板などを設置し、
不法投棄防止の啓発を行っております。
不法投棄を発見された場合は環境事業課または八尾警察にご連絡ください。

私有地に不法投棄された場合

私有地に不法投棄されたごみの処理については土地の所有者などが行うこととなっています。
あき地が荒れていると不法投棄される可能性が増えるため、あき地を荒れた状態にせず、フェンスや看板を
設置するなど不法投棄をされない環境づくりをお願いします。
また、ご自身所有の土地に不法投棄されたものを、適正に処理せずに他の場所に再度捨てるといった行為を行うと、
その行為自体が不法投棄とみなされますのでご注意ください。

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市経済環境部環境事業課

電話: 072-991-6254 ファックス: 072-999-4625

環境事業課へのお問合せフォーム