ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

『八尾』の地名のいわれ

[2009年4月1日]

ID:9187

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

『八尾』の地名のいわれ

八尾市のまちなみ

 その昔、この地に一羽のウグイスが住んでいました。その声はたいへん美しく、不思議なことに、このウグイスには尾羽根が八枚ありました。このことが評判になり、やがて誰からともなくこのウグイスが止まる木を「八尾木」と呼ぶようになり、いつしかこの村を『八尾』と呼ぶようになったといわれています。

 そのほか、八尾の地には大昔、弓や矢を生産する部族が多く集まっていて、出来上がった矢を背に負い運ぶことが多かったことから、「矢負い」が「矢尾」になり、『八尾』になったといういわれや、旧大和川がこの地を流れていて、洪水を防ぐ堤を作る際に数えきれないほど「八百」(たくさんの意)の杭を打ったことから転じて『八尾』になったといういわれがあります。

お問い合わせ

八尾市総務部市政情報課

電話: 072-924-3811

ファックス: 072-924-0135

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?