ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました

[2017年2月20日]

ID:37180

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

部落差別のない社会の実現をめざして

部落差別は今もなお存在するとともに、情報化社会の進展に伴い、
インターネットの書き込みなどを利用した新たな差別事象が発生するなど、
部落差別に関する状況が変化しています。

このような中、部落差別は許されないものであるとして、
2016年12月に「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました。
この法律は、誰もが等しく基本的人権を享有する
かけがえのない個人として尊重されるものであるとの理念にのっとり、
一人ひとりの理解を深めるよう努めることで、
部落差別のない社会の実現をめざしています。

八尾市の相談窓口では、同和問題(部落差別)をはじめとした
さまざまな人権問題に関する相談に応じています。
また、法務省や大阪府にも相談窓口があります。
同和問題(部落差別)に関することでお悩みの方は、ご相談ください。

八尾市では、さまざまな機会をとらえて、人権が尊重され、共に認め合い、幸せに暮らせる社会づくりに向けて
取り組みを進めていますので、なお一層のご理解をお願いします。

同和問題とは

法務省ホームページ(外部リンク)

相談窓口

部落差別の解消の推進に関する法律 条文

Adobe Reader
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

八尾市人権文化ふれあい部人権政策課

電話: 072-924-9863

ファックス: 072-924-0175

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?