ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

『史跡由義寺跡保存活用計画』の策定

[2021年5月26日]

ID:57358

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

『史跡由義寺跡保存活用計画』について

由義寺跡は、平成30年2月28日付で国の史跡に指定された、称徳天皇と道鏡ゆかりの奈良時代後期の古代寺院です。
史跡指定のきっかけとなった塔基壇を含む史跡由義寺跡についての、将来の保存・活用の基本方針を定めた『史跡由義寺跡保存活用計画』を策定しました。策定にあたっては、「八尾市史跡保存活用審議会」で協議・検討され、令和3年3月に文化庁に本計画の認定を受けました。

なお、『保存活用計画』は大容量になるため、ファイルサイズを縮小しており、画像等は圧縮しています。

【章構成】
 第1章 保存活用計画策定の沿革・目的
 第2章 史跡由義寺跡の概要
 第3章 史跡由義寺跡の本質的価値
 第4章 史跡由義寺跡の現状と課題
 第5章 史跡由義寺跡の保存活用の基本方針
 第6章 史跡由義寺跡の保存管理
 第7章 史跡由義寺跡の活用
 第8章 史跡由義寺跡の整備
 第9章 保存活用のための運営・体制
 第10章 保存活用計画の実施
 第11章 経過観察
 第12章 将来に向けて


一括版

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

八尾市魅力創造部観光・文化財課

電話: 072-924-8555

ファックス: 072-924-3995

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?