ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

国民健康保険の特定健診・人間ドック助成事業・健康づくり助成事業について

[2022年1月21日]

ID:1611

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

保健事業について

特定健診・特定保健指導及び人間ドックの利用等について

 現在、新型コロナウイルス感染症の拡大について、最大限の警戒が必要な状況です。
 特定健診、特定保健指導及び人間ドックの利用等に際しては、希望される医療機関等へ事前に電話等で対応をご確認の上、外出の際には、手洗いの徹底、マスクの着用、人との距離の確保など、感染防止対策にご協力をお願いいたします。
 
 新型コロナウイルスに感染しない、感染させない行動を引き続き、お願いいたします。

セルフメディケーションについて

〇セルフメディケーションとは
 セルフメディケーションとは「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」(WHO(世界保健機関)の定義)です。
 日頃よく経験する症状(頭痛、発熱など)にOTC医薬品を上手に活用し、自ら手当てすることもセルフメディケーションにあたります。

〇セルフメディケーションの効果
・健康管理の習慣が身につく
・医療や薬の知識が身につく
・医療機関を受診する時間を減らすことができる
・結果として全体の医療費の増加を防ぐことにつながる

〇OTC医薬品について
 OTC医薬品とは、医師の処方箋なしで薬局、ドラッグストアなどで購入できる医薬品(要指導医薬品、一般用医薬品)です。
 OTC医薬品を活用する際には、薬剤師に相談・確認し、選択しましょう。


セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の適用を受けられる人

 平成29年1月より施行の「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」の適用を受けられる場合は、定期健康診断等の一定の取り組みを行っていることが前提で、健診結果等の提示が必要となります。
 八尾市国民健康保険において、特定健診または人間ドック(40歳以上)を受診した人は、「特定健診結果のお知らせ」が証明書の代わりとなります。ただし、人間ドック受診の30~39歳の人は、証明書の発行が必要ですので、健康保険課までお問い合わせください。
 75歳以上の人は、大阪府後期高齢者医療広域連合までお問い合わせください。
 なお、制度の詳細は、市民税課もしくは税務署までお問い合わせください。


厚生労働省ホームページ「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」について


市民税課 「医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)について」







お問い合わせ

八尾市 健康まちづくり部 健康保険課
電話: 072-924-3865 ファックス: 072-923-2935
電話番号のかけ間違いにご注意ください!
お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?