ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

小児慢性特定疾病医療費助成制度について(申請者の方へ)

[2018年4月1日]

ID:41986

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

小児慢性特定疾病医療費助成制度について

 本制度は、児童福祉法に基づき、厚生労働大臣が定める小児慢性特定疾病にかかっている児童等について、健全育成の観点から、疾病の治療方法の確立と普及、また患児家庭の医療費負担軽減を図るため、その医療費の自己負担の一部を助成する制度です。

 対象となる方は、主治医にご相談の上で、申請の手引きをよくお読みいただき、八尾市保健所まで申請をして下さい。


2022年4月1日から成年年齢引き下げに伴い申請手続きが変わります

2022年4月1日から、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられます。
小児慢性特定疾病医療費助成制度においては、18歳以上を「成年患者」とします。
成年患者は「本人名義で申請手続き」をする必要があります。

患者本人による申請が難しく、ご家族等が申請者として申請される場合には「委任状」を添付する必要があります。
成年後見人等の法定代理人が申請する場合、委任状は不要です。

案内ポスター:18歳以上の受給者の皆さまへ

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

対象者について

次の(1)及び(2)に該当するものが対象となります

(1)八尾市に居住しており18歳未満であること。ただし、18歳到達後も引き続き治療が必要であると認められる場合は、20歳未満の方も対象とします。(18歳到達後の新規申請はできません。)

(2)厚生労働大臣が定める小児慢性特定疾病にかかっており、その状態が認定基準を満たすものであること。

対象となる疾病

対象疾病については、「小児慢性特定疾病情報センター」をご覧ください。

▷小児慢性特定疾病情報センター(別ウインドウで開く)

※対象疾病や対象群が変更になる場合がありますので、上記をご確認ください。

申請方法について

 「利用の手引き」をよくお読みいただき、必要書類を揃えて八尾市保健所まで申請してください。


各種変更申請(届)について

次のいずれかに該当する変更があった場合には、変更申請(届)が必要です。
現在お持ちの受給者証のコピーと、以下の提出書類を提出してください。
変更内容によって提出書類は異なります。
また、変更内容によってはその他添付書類が必要な場合がありますので、詳しくは保健予防課へお問合せください。

変更内容が以下の1~6の場合→「変更申請書」を提出

1.対象疾患の追加・変更
2.重症患者認定に関すること
3.人工呼吸器等の装着に関すること
4.階層区分の変更に関すること
5.受診者と同じ医療保険世帯で指定難病や小児慢性特定疾病の医療費助成受給者に関すること
6.受診を希望する医療機関(病院・診療所・薬局・訪問看護ステーション)の追加等
 ※本市において発行する受給者証は、都道府県知事、政令・中核市長が指定する医療機関であれば受給者証に記載がない場合でも使用できます。



変更内容が以下の1~4の場合→「変更届」を提出

1.受診者本人の氏名、住所に関すること
2.受診者の加入する医療保険証の変更(被保険者の変更を含む)
3.受診者と同じ医療保険の世帯員の変更に関すること
4.受診者・保護者(申請者)の個人番号に関すること

寡婦(夫)控除のみなし適用について

 平成30年9月1日から小児慢性特定疾病医療費助成制度の自己負担額の決定にあたり、「寡婦(夫)控除のみなし適用」が実施されます。
 厚生労働省が作成したリーフレットはこちらをご覧ください。

寡婦(夫)控除のみなし適用について

お問い合わせ

八尾市健康福祉部保健予防課(保健所)

電話: 072-994-6644

ファックス: 072-922-4965

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?