ページの先頭です

準備しておきたい非常持出品は?

[2014年1月28日]

準備しておきたい非常持出品は?

 非常持出品は家族構成を考えて必要な分だけ用意し、避難時にすぐに取り出せる場所に保管しておきましょう。
 災害発生時に最初に持ち出す非常持出品と、災害から復旧するまでの数日間を支える非常備蓄品を分けて用意しておきましょう。
 重さは成人男子で15kg、女子で10kg程度までを目安とし、避難時に両手が使えるようリュックサックタイプのものを使用しましょう。

◎最低限そろえておきたいもの
 
 非常食・水  
カンパンや缶詰など、火を通さずに食べられるものを。水はペットボトルや缶入りのミネラルウォーターなど。高齢者や病人、乳幼児がいる場合はレトルトのおかゆや離乳食、粉ミルクも必要に応じて準備。

 懐中電灯   
停電時や夜間の移動に必要。できれば1人にひとつずつ準備する。予備の電池と電球も忘れずに。

 携帯ラジオ  
小型で軽く、AMとFMの両方を聞けるものを用意。予備の電池は多めに用意を。

 貴重品    
現金、預貯金通帳、印鑑、健康保険証・住民票のコピーなど。
現金は紙幣だけでなく10円硬貨も(公衆電話の利用に便利)。

 救急医薬品  
キズ薬、ばんそうこう、包帯、解熱剤、かぜ薬、胃腸薬、目薬など。常備薬があれば忘れず用意を。

 その他    
ヘルメット(防災ずきん)、上着・下着、タオル、軍手、紙の食器、ライター(マッチ)、缶切り、栓抜き、ろうそく、ナイフ、ビニール袋、ウエットティッシュ、洗面用具、ビニールシート、生理用品、紙おむつやほ乳びんなど。



◎災害後に備えるために
 
 食料     
缶詰やレトルト食品、ドライフーズや栄養補助食品、調味料など。食料は非常食3日分を含む数日分を最低限備蓄しておくように。

 水      
飲料水は大人1人当たり、1日3リットルが目安。少なくとも3日分の用意を。ペットボトルのほか、ポリ容器にも水をためておくと便利。

 生活用品   
卓上コンロや固形燃料、予備のガスボンベのほか、毛布、寝袋、洗面用具、ラップ、使い捨てカイロ、ロープ、バール・スコップなどの工具、マスク、トイレットペーパー、新聞紙、簡易トイレ、予備のめがね、バイク・自転車、ドライシャンプーなどがあると便利。



◎こんな用意も必要です
 
 乳幼児のいる家庭で用意するもの
ミルク、ほ乳びん、離乳食、スプーン、おむつ、洗浄綿、おぶいひも、バスタオルまたはベビー毛布、ガーゼ又はハンカチ、バケツ、ビニール袋石けんなど。

 妊婦のいる家庭で用意するもの
脱脂綿、ガーゼ、サラシ、T字帯、洗浄綿および新生児用品、テイッシュ、ビニール風呂敷、母子手帳、新聞紙、石けんなど。

 要介護者のいる家庭で用意するもの
着替え、オムツ、ティッシュ、障害者手帳、補助用具等の予備、常備薬など。

※非常持出品チェックリスト

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市危機管理課

電話: 072-924-3817 ファックス: 072-924-3968

危機管理課へのお問合せフォーム


準備しておきたい非常持出品は?への別ルート