ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

児童扶養手当と公的年金給付等の併給制限の見直し

[2013年10月1日]

ID:27586

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

児童扶養手当と公的年金給付等の併給制限の見直し

平成26年12月1日から「児童扶養手当法」の一部が改正されます

 これまで、公的年金等を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになります。

今回の改正により新たに手当を受け取れる場合

・ 子どもを養育している祖父母等が、低額の老齢年金を受給している場合
・ 父子家庭で、子どもが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合
・ 母子家庭で、離婚後に父が死亡し、子どもが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合 など 
※ 受給している年金額が手当額よりも低いかどうかはお問い合わせください。

新たに手当を受給するための手続き

児童扶養手当を受給するためには、八尾市への申請が必要です。

支給開始日

  • 手当は申請の翌月分から支給開始となります。ただし、これまで公的年金を受給していたことにより児童扶養手当を受給できなかった方のうち、平成26年12 月1日に支給要件を満たしている方が、平成27年3月までに申請した場合は、平成26年12月分の手当から受給できます。
  • 平成26年12月~平成27年3月分の手当は、平成27年4月に支払われます

関連情報

お問い合わせ

八尾市こども未来部こども政策課

電話: 072-924-3988

ファックス: 072-924-9548

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?