ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

不育症治療費等助成事業について

[2018年4月1日]

ID:41999

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

不育症治療費等助成事業について

 妊娠はするものの、2回以上の流産や死産等を繰り返す不育症に悩むご夫婦を支援するため、医療保険が適用されない不育症検査(研究段階にある不育症検査のうち、保険適用を見据え先進医療として告示されている流産検体を用いた染色体検査)及び治療に要した費用の一部を助成する事業です。

対象者について

 助成の対象となるのは、下記1から4の条件すべてに該当する夫婦です。

1.2回以上の流産又は死産の既往があること。
2.検査実施日又は治療開始日から申請日までの間、申請者が八尾市民であること。
3.検査実施日又は治療開始日から申請日までの間、法律上の婚姻をしている夫婦または事実婚が確認できる夫婦であること。
  ※事実婚の方は夫婦ともに八尾市内の同一住所に住民登録があり、他に配偶者がいないこと。
4.医療保険の被保険者又は被扶養者であること。


助成の内容について

1.対象となる検査費用(保険適用外のもの)

 助成額:1回につき上限5万円

●先進医療として告示されている不育症検査(流産検体を用いた染色体検査)
 令和3年4月以降の検査が対象ですが、上記検査を実施する医療機関として、管轄の地方厚生局に届出を行い承認された医療機関(※)において実施する検査で、各医療機関が保険外併用療養費の算定開始を承認された日以降に実施した検査に限ります。

 ※医療機関の一覧は厚生労働省のホームページでご確認ください。
   
先進医療A 25番(流産検体を用いた染色体検査)(別ウインドウで開く)

2.対象となる治療費(保険適用外のもの)

助成額:上記の検査と合わせて、1年度(4月~翌年3月)につき上限30万円

●低用量アスピリン療法
●ヘパリン療法(ヘパリン在宅自己注射療法を含む)
●その他の療法(不育症の原因が免疫異常又は内分泌異常等の理由によるもの)

*国内の医療機関で受けた不育症治療に要した医療保険適用外の費用(院外薬局で処方された薬代を含む)で、上記以外の検査費用、診察(管理)費用、医薬部外品等による費用は対象となりません。また、八尾市に転入前又は転出後に受診した治療は対象になりません。

申請期限

検査費:検査が終了した日の属する年度の翌年度4月末まで
    (例:令和3年度に検査が終了した場合、令和4年4月末まで)

治療費:治療が終了した日(出産または流産等の判定日)から6か月以内

申請方法について

「利用の手引き」をよくお読みいただき、必要書類を揃えて八尾市保健所まで申請してください。

関連リンク

お問い合わせ

八尾市健康福祉部保健予防課(保健所)

電話: 072-994-6644

ファックス: 072-922-4965

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?