ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

電子証明書の更新手続きについて

[2020年10月19日]

ID:52850

電子証明書の更新手続きについて

マイナンバーカードに搭載されている署名用電子証明書/利用者証明用電子証明書の有効期限は、電子証明書の発行日からカードの持ち主の方の5回目の誕生日までです。
有効期限の3か月前から更新手続きをすることができます。
対象の方には、更新の案内通知が届きますので、更新手続きをお願いします。
ただし、次の方には当該通知は届きませんが、通知が届かなくても更新手続きは可能ですので、期間内に更新手続きをお願いします。

  1. あらかじめマイナンバーに関する郵便物の送付先を住民登録地とは異なる場所に登録している方
  2. 郵便物の転送手続きを郵便局でされている方

ただ、現在、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)によりますと、全国的にマイナンバーカードの電子証明書システムに不具合が生じており、電子証明書の更新・新規発行ができにくい状況となっております。
このため、市役所に更新手続きにお越しいただいても即日手続きができない場合があります。
ご不便をお掛けいたしますが、ご理解のほどよろしく願いします。

手続きの受付場所

八尾市役所 本館 1階 市民課 5番窓口

受付日時

平日:8時45分から17時15分まで

持ち物

本人が手続きする場合

(1)マイナンバーカード
※手続きにおいて、マイナンバーカードに設定している住民基本台帳用暗証番号と、更新を希望する電子証明書の暗証番号の入力が必要ですので、暗証番号を確認してきてください。

代理人が手続きする場合

(1)電子証明書の更新を希望する本人のマイナンバーカード

(2)署名用電子証明書・利用者証明用電子証明書 照会書兼回答書
※照会書兼回答書の用紙は、更新の案内通知に同封されています。
※暗証番号等の必要事項を記入し、記載内容を他人に見られないように封筒に封入してください。
※記入漏れや記入誤りがあると手続きできません。

(3)代理人の本人確認書類 下記のうち1点
旅券、運転免許証、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に交付されたものに限る)、船員手帳、海技免状、小型船舶操縦免許証、猟銃・空気銃所持許可証、身体障害者手帳、戦傷病者手帳、宅地建物取引士証、電気工事士免状、無線従事者免許証、認定電気工事従事者認定証、特種電気工事資格者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明書、運航管理者技能検定合格証明書、動力車操縦者運転免許証、教習資格認定証、検定合格証、一時庇護許可書、在留カード、仮滞在許可書、特別永住者証明書、住民基本台帳カード(顔写真のあるものに限る)、マイナンバーカード、官公庁の顔写真のある身分証明書

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?