ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

マイナンバーカード(個人番号カード)の交付(受け取り)について

[2019年12月16日]

ID:48854

マイナンバーカードの交付(受け取り)について

マイナンバーカードを申請された方には、申請手続きから概ね1か月から1か月半程度で交付通知書を送付いたします。
お手元に届きましたら、受付時間をご確認の上、必要な持ち物を持って八尾市役所本館1階市民課5番窓口までお越しください。

※マイナンバーカードについての詳細は、下記「マイナンバーカードについて」をご覧ください。
マイナンバーカードについて(別ウインドウで開く)



≪既に交付通知書が届いているが、まだマイナンバーカードを受け取っていない方へ≫
カードを交付できるようになった方には下記の交付通知書を封筒でお送りしています。
交付通知書のイメージ

マイナンバーカードを申請し交付通知書が届いた方は、交付通知書、本人確認書類など必要なものを持参の上、市役所で早めの受け取りをお願いします。平日は予約不要です。
ただし、マイナンバーカードの申請後に「八尾市外へ転出された方」は、マイナンバーカードを受け取ることができません。

受け取りの受付日時

受付日時
受付日受付時間備考
平日8時45分から16時30分まで予約不要
休日
(毎月第2日曜日)
8時45分から15時45分まで完全予約制(予約用電話番号:072-924-3933)
予約受付時間:平日8時45分から17時15分
※当日の予約はできせまん。
※予約時には、交付通知書一番上の「整理番号」と「氏名」をお伝えください。
※予約の状況によっては、ご希望の日時で予約をお受けできない場合があります。

受け取り場所

八尾市役所 本館 1階 市民課 5番窓口

必要なもの

原則、本人が次のものを持って、受け取りにお越しください。

受け取りに必要なもの
 初めてマイナンバーカードを受け取る場合以前にもマイナンバーカードを受け取ったことがある場合
持ち物1.交付通知書(はがき)
2.通知カード(原本)
3.本人確認書類(原本)※下記の本人確認書類Aを1点、お持ちでない場合はBを2点
4.暗証番号登録票(記入の上、ご持参ください)
5.住民基本台帳カード(原本)※お持ちの方のみ
1.交付通知書(はがき)
2.以前のマイナンバーカード(原本)
3.本人確認書類(原本)※下記の本人確認書類Aを1点、お持ちでない場合はBを2点
4.暗証番号登録票(記入の上、ご持参ください)
注意事項 ・新しいマイナンバーカードの申請理由によっては、手数料の支払いが必要な場合があります。
・以前のカードを返納しなければ、新しいカードを受け取ることができません。
・以前のカードを紛失した場合は、警察署に遺失届を出し、その受理番号をお持ちください。(この場合、新しいカードを受け取るには手数料1,000円の支払いが必要です。)
・既に以前のカードを返納済みの場合や紛失を役所に届出済みの場合は、窓口でその旨を申し出てください。

※本人が15歳未満の場合と成年被後見人の場合は、上記の持ち物に加えて下記のものも持参の上、法定代理人の方も受け取りに同席してください。

  • 法定代理人の本人確認書類 下記の本人確認書類Aを1点、お持ちでない場合はBを2点
  • 代理権の確認書類(ただし、本人が15歳未満の場合で、「本籍地が八尾市内である場合」または「代理人と同一世帯かつ親子関係にある場合」は不要)

代理人による受け取り

本人が入院、身体の障がいその他やむを得ない理由により、窓口にお越しになることが難しい場合に限り、代理人にカードの受け取りを委任できます。
(仕事や学業が多忙などの理由では、代理人に委任することはできません。)
代理人による交付の場合は、以下のものをお持ちください。

代理人が受け取る場合に必要なもの
 初めてマイナンバーカードを受け取る場合以前にもマイナンバーカードを受け取ったことがある場合
持ち物1.交付通知書(はがき)
2.本人の通知カード(原本)
3.本人の本人確認書類(原本) 下記の本人確認書類Aを2点、またはABをそれぞれ1点ずつ、またはBを3点(うち顔写真のあるものを1点以上)
4.代理人の本人確認書類(原本) 下記の本人確認書類Aを2点、またはABをそれぞれ1点ずつ
5.委任状(交付通知書の委任状欄の記入で可)
6.本人が窓口に行くことが困難であることを証明する書類(診断書、障がい者手帳、施設等に入所している事実を証する書類等)
7.住民基本台帳カード(原本)※お持ちの方のみ
1.交付通知書(はがき)
2.本人の以前のマイナンバーカード(原本)
3.本人の本人確認書類(原本) 下記の本人確認書類Aを2点、またはABをそれぞれ1点ずつ、またはBを3点(うち顔写真のあるものを1点以上)
4.代理人の本人確認書類(原本) 下記の本人確認書類Aを2点、またはABをそれぞれ1点ずつ
5.委任状(交付通知書の委任状欄の記入で可)
6.本人が窓口に行くことが困難であることを証明する書類(診断書、障がい者手帳、施設等に入所している事実を証する書類等)
注意事項 ・新しいマイナンバーカードの申請理由によっては、手数料の支払いが必要な場合があります。
・以前のカードを返納しなければ、新しいカードを受け取ることができません。
・以前のカードを紛失した場合は、警察署に遺失届を出し、その受理番号をお持ちください。(この場合、新しいカードを受け取るには手数料1,000円の支払いが必要です。)
・既に以前のカードを返納済みの場合や紛失を役所に届出済みの場合は、窓口でその旨を申し出てください。

マイナンバーカード受け取りにおける本人確認書類

(A)マイナンバーカード、住民基本台帳カード(写真付きに限る)、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)、パスポート、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード(写真付きに限る)、特別永住者証明書(写真付きに限る)、一時庇護許可書、仮滞在許可書
 
(B)健康保険証、年金手帳、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類、医療受給者証など
   ただし、「氏名+生年月日」または「氏名+住所」が記載されたもの

その他

マイナンバーカードの交付手続きについては、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が運用する「カード管理システム」を使用して行っていますが、システム障害や通信エラー等により、全国の市区町村でマイナンバーカードの交付ができない状況が頻発していました。
現在、「カード管理システム」の通信エラーは以前に比べると減少していますが、マイナンバーカードを受け取りに来られた際、システム障害が発生した場合は、窓口でお待ちいただくことや、状況によっては、当日中にマイナンバーカードをお渡しできないことがありますので、あらかじめご了承ください。

なお、交付作業中にシステム障害が発生した場合、本人確認書類と暗証番号を確認させていただき、後程マイナンバーカードを郵送するという対応を取らせていただくことがあります。
その場合は、暗証番号登録票をお預けいただく必要がございますので、ご了承ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?