ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

狂犬病予防注射済票の郵送での申請方法について

[2021年3月2日]

ID:50621

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

郵送にて、狂犬病予防注射済票の交付を希望される場合は、下記書類等を保健所までご郵送ください。
到着後、発行手続きを行い、注射済票及び領収書控え等を返送します。

なお、書類や手数料の過不足等がある場合は、受付する事が出来ず、返送させて頂きますのでご了承ください。

申請に必要な書類等

1.狂犬病予防注射済票 郵送手続き申請書

下記狂犬病予防注射済票郵送手続き申請書を印刷し、住所・氏名・連絡先をご記入ください。

なお、申請書1枚で複数頭分の注射済票の交付を受けることができます。

2.狂犬病予防注射済票交付手数料領収書

本市より、毎年3月にお送りしている、狂犬病予防注射実施通知書内に同封されている白いA4サイズの用紙。
(4連切り取り線入りのもので、左上部分に「狂犬病予防注射済票交付手数料領収書」と記載されております。)

本用紙がない場合は、郵送での手続きはお受けできませんので、保健所窓口にてお手続きをお願いします。

*切り取らずに、1枚すべてお送りください。
*本年度分の用紙をお送りください。

3.予防注射実施の証明書(狂犬病予防注射済証)

各動物病院等にて、狂犬病予防注射を接種されると発行される証明書です。

*証明書には、接種日(今年度分の日付のもの。)や動物病院の獣医師名などが記載されているかご確認ください。
 なお、提出された証明書は返却いたしませんのでご注意ください。

4.手数料

定額小為替(郵便局にて販売)を550円(1頭あたり)ご用意ください。
なお、定額小為替には、何も記入しないで同封してください。

*定額小為替の有効期限は発行日から6ヶ月以内までとなります。
 発行日から6ヶ月を越えている定額小為替の受取は出来ませんので、ご了承ください。

*切手や収入印紙での取扱いはできません。
*現金での取扱いは、現金書留にて発送いただいた場合のみになります。
 現金書留については、書留(日本郵便ホームページ)をご覧ください。

5.返信用封筒

お手持ちの封筒に、申請者の住所と氏名を記入し、返信用送料分の切手を貼ってください。

速達・簡易書留・特定記録等で返信を希望される場合は、種別を明記の上、その分の切手を追加して貼ってください。料金については、こちら(日本郵便ホームページ)(別ウインドウで開く)をご参照ください。

返信用料金の目安
 注射済票の交付件数:1件~2件 84円
 注射済票の交付件数:3件~4件 94円
 *長形3号(120×235ミリ)封筒使用の場合で表記。
  ただ、封筒によって重さが異なり、上記料金を超える場合がございます。
  その際は追加料金が発生する場合がございます。あらかじめご了承ください。

返信先がマンション等の場合は、返信用封筒の宛先に必ず部屋番号をご記入ください。
表札があがっていない場合は、郵便物が返送されてしまう場合がありますので、ご注意ください。

申請先住所


〒581-0006
 八尾市清水町1丁目2番5号
  八尾市保健所 保健衛生課 狂犬病担当 宛


お問い合わせ

八尾市健康福祉部保健衛生課(保健所)

電話: 072-994-6643

ファックス: 072-922-4965

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?