ページの先頭です

サービス提供体制強化加算の算定要件について

[2012年12月12日]

サービス提供体制強化加算の算定要件について(職員割合の算出)

 サービス提供体制強化加算の算定要件のひとつである、職員の割合の算出にあたっては、常勤換算方法により算出した前年度(3月を除く)の平均を用いることとなっています。(但し、実績が6月に満たない事業所については、届出日の属する月の前3月について、常勤換算方法により算出した平均を用いる)(老計発第0331005号・老振発第0331005号・老老発第0331018号)

  したがって各事業所にてそれぞれ算定しているサービス提供体制強化加算の要件を確認の上、以下の確認シートを参考に、サービス提供体制強化加算の算定根拠となる資料を作成してください。

     介護福祉士等の資格所有者の割合を確認する場合は(1)【資格】要件確認シート
     常勤職員の割合を確認する場合は(2)【常勤職員】要件確認シート
     勤続年数3年以上の職員の割合を確認する場合は(3)【勤続年数】要件確認シート を作成してください。

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市地域福祉部福祉指導監査課

電話: 072-924-3012 ファックス: 072-922-3786

福祉指導監査課へのお問合せフォーム


サービス提供体制強化加算の算定要件についてへの別ルート